試験概要も掲載|「介護職員初任者研修」のすべて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
初任者研修 試験

あなたは「ホームヘルパー2級」(訪問介護員2級養成研修)が廃止されたことをご存じでしょうか。ホームヘルパー2級は、もともと介護職の入り口ともいえる資格でした。

2013年より介護の資格制度が変わり、ホームヘルパー2級は「介護職員初任者研修」へと生まれ変わりました。今回は、その介護職員初任者研修とはどういった資格なのか、どのような試験が行われるのか、介護福祉士やケアマネジャーとの違いを交えつつ解説していきます。

目次

1、介護職員初任者研修とは
1-1、介護職員初任者研修と旧ホームヘルパー(1~3級)の違い
1-2、介護職員初任者研修と介護福祉士の違い
1-3、介護職員における初任者研修の位置付け
2、介護職員初任者研修概要
2-1、厚生労働省規定のカリキュラム
2-2、研修と試験が受けられる場所
2-3、研修の修了評価となる筆記試験
3、まとめ

1、介護職員初任者研修とは

2013年より、「ホームヘルパー(1級・2級)」「介護職員基礎研修」は廃止され、「介護職員初任者研修」(以下、初任者研修)と呼ばれる資格に一本化されました。ホームヘルパー2級と同等の資格であり、誰でも受講できる介護職の入門試験として位置づけられています。

厚生労働省は、これまで複雑だった介護職のキャリアパスを「介護職員初任者研修」→「実務者研修」→「介護福祉士」→「認定介護福祉士(仮称)」または「ケアマネジャー」とわかりやすく改定したのです。

1-1、介護職員初任者研修と旧ホームヘルパー(1~3級)の違い

ホームヘルパー2級とは、訪問介護において身体介護・家事援助をするために必要な資格でした。これに対し、初任者研修は「在宅・施設を問わず、介護職として働く上で基本となる知識・技術を習得する」ための研修。ただし、介護職の基本的な知識・技術を習得する意味においては、 「ホームヘルパー2級」と変わりはありません。

また、ホームヘルパー2級は講座を受ければ誰でも取得できる資格でしたが、初任者研修は、研修の全課程終了後に受ける筆記試験に合格しなければいけません。

ホームヘルパー2級と介護職員初任者研修の違い2

出典:ウェルクス福祉カレッジ「【徹底解説】ホームヘルパー2級が廃止、資格は『介護職員初任者研修』へ移行」http://介護職員初任者研修.jp/chance/

初任者研修は、介護施設と在宅介護両方に対応するためのものです。

1-2、介護職員初任者研修と介護福祉士の違い

資格としての大きな違いは、介護職員初任者研修が「認定資格」なのに対し、介護福祉士は「国家資格」であることでしょう。

介護職員は、介護職員初任者研修を130時間受け、その最終日に行われる修了試験に合格すれば資格を取得できます。一方で、介護福祉士は「介護の実務経験3年以上」「従事日数540日以上」を満たした者に受験資格が与えられ、試験に合格しなければいけません。

介護現場では、介護福祉士は介護職員初任者研修者を指導、教育する立場の管理職の位置づけとなっています。

【関連記事】
キャリラブ「介護福祉士国家試験、知っておきたいことのすべて

1-3、介護職員における初任者研修の位置づけ

ケアマネジャーの仕事は、要介護者一人ひとりの生活環境や健康状態に合わせて、介護プランを考えること。この資格を取得するためには、介護職員初任者や介護福祉士などとして、医療や福祉、介護の分野で実務経験が5年以上必要となります。

介護職員初任者研修は介護職の入門資格なのに対し、ケアマネジャーは介護職の最終ステップアップ資格と考えるとわかりやすいかもしれません。

【関連記事】
キャリラブ「一目でわかる! ケアマネジャーの合格率と難易度

2、介護職員初任者研修概要

介護職員初任者研修は、厚生労働省の規定に従い、各都道府県が指定した養成機関にて、各都道府県の実施要綱に基づいた講習が開かれています。

2-1、厚生労働省規定のカリキュラム

厚生労働省が規定する初任者研修のカリキュラムは以下のとおりです。

介護職員初任者研修課程カリキュラム

出典:日本ホームヘルパー協会「訪問介護員の養成と現任者のスキルアップ」
(初任者研修と実務者研修について)
http://nihonhelper.sharepoint.com/Pages/yousei.aspx

2-2、研修と試験が受けられる場所

初任者研修は、独学や通信講座だけでは修了できません。というのも、「1-1、介護職員初任者研修と旧ホームヘルパー(1~3級)の違い」の表にもあるように、同試験には必ず「スクーリング(通学)」が必要なのです。

ただし、2013年より制度が変わったことで、実技以外の通信講座が認められたため、勉強方法は「通信制」と「通学制」を選べるようになりました。ここでいう通信制とは、講義の一部を通信で行うものです。

通学制、通信制の主な学校は下記の通りです。

【通学制】

アイ・ヘルパースクール http://www.i-helperschool.com/

  • 170ヵ所以上から好きなだけ現場実習ができる
  • 完全通学制
  • 授業全体の3分の1までの振り替えが可能
  • 修了試験に合格するまで何度も補講が無料
  • 開講から18カ月間の延長も可能

実習がカリキュラムからなくなった初任者研修では、希望者のみが実習を行うようになりました。しかし、実習もしないまま現場に入った介護初心者の方は、講座で習った介護との現実の違いに戸惑い、仕事を続けられなくなる場合があります。

そうした事態を防ぐため、同校では好きなだけ実習ができるようにし、実習前に勉強会が行われたり、実習後に反省会も行われたりします。

【通信制】

「通信講座」の場合、スクーリングは平均22日。「通学講座」の場合の平均が29日ですので、「通信講座」にすると、7日間ほどの通学日数が短縮できます。

主な通信制(通信講座+通学)スクールには、以下のようなものがあります。

講座の中には、介護職員初任者研修とあわせて、実務者研修もセットで受講できるようなスクールもあります。学習にあてられる時間やキャリアアップの目指し方などに合わせて、自分に合った講座を選んでいきましょう。

また、受講料は7万円から16万円くらいまで学校によってまちまち。迷ったときは、下記のようなサイトから通信講座の資料を一括請求して比較してみるのもオススメです。

 

2-3、研修の修了評価となる筆記試験

介護職員初任者研修の修了評価のために、1時間以上の筆記試験を実施することが定められています。厚生労働省を例に挙げると、試験問題は以下の規定に従って作成されているようです。

①出題範囲:「厚生労働省規定のカリキュラムにある」研修科目2~9まで
②出題内容:東京都介護職員初任者研修事業実施要綱の「各項目の到達目標、評価、内容」にある「修了時の評価ポイント」を網羅したもの
③出題数:各研修科目から1題以上で、全体で32題以上
④出題形式・・・選択式や記述式など形式は問わない

スクールによって試験の詳細は異なりますので、詳しくは通学・通信するスクールに問い合わせてください。

3、まとめ

現在、日本の総人口が減少を見せる中、65歳以上の高齢者の割合が急速に増加しています。現在の「4人に1人」が65歳以上であるに対し、2040年には「3人に1人」以上まで高齢者が増えると政府は予測しているようです。

介護サービス利用者の増加に伴い、2025年には230万人もの介護職員が必要となるという見方もあり、今後介護職のニーズはさらに高まっていくでしょう。介護は、職業として大切なだけでなく、自分の家族にも関わっていくこと。より深い介護理解のために、一歩踏み込んだ資格の取得を考えてもいいかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

無料|次の介護福祉士国試対策に役立つ
過去問トレーニング

介護福祉士国家試験の対策といっても、何をすればいいのか不安ですよね。 テキストや問題集はたくさんあるけど、時間は無いし、結局どうすれば合格出来るのかわかりませんよね。

どうやら合否は、過去問題にどういう取り組み方をしたのかで分かれるようです。 “誰でも” “楽に” “簡単に”、スキマ時間で学習できる“無料サービス”で、効率よく一発で合格しましょう!

  • ● 実績のある講師陣の充実した解説で、誰でも理解がしやすい
  • ● 1日5分の試験対策!通勤や家事のスキマ時間で楽に学習ができる
  • ● 自分の苦手分野が簡単にわかり、効率的に学習できる
  • ● 3年分の過去問+解説付きで、今年の予想問題50問。直前対策もばっちり

ぜひ、次の第28回介護福祉士国家試験の合格を勝ち取ってください!

今すぐ無料で過去問を解いてみる