介護職員の入門資格、初任者研修の内容とスクール一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
介護福祉士 初任者研修

介護職の入門資格とも言える初任者研修。「どんな内容なのだろう?」「どこで受講できるのだろう?」「受講料はどのくらいかかるのだろう?」と、調べたいことはたくさんありますよね。そこで、ここでは厚生労働省の発表した介護職のキャリアパスを含めて、初任者研修の内容や実施先についてご紹介します。
費用を抑えて受講する方法や、各スクール宛てに一括で資料請求を行えるサイトなどもあわせてご紹介しますので、ぜひ、ご希望に合った受講先選びに役立ててください。

目次

1、介護職員初任者研修とは
1-1、介護職員初任者研修とキャリアパス
1-2、介護職員初任者研修を修了していないと働けないのか
2、訪問介護員養成研修(ホームヘルパー1~3級)との違い
3、介護職員初任者研修の内容
4、どこで受講できるのか
4-1、スクールのご紹介
4-2、費用の比較
5、まとめ

1、介護職員初任者研修とは

介護職員初任者研修は、介護職の入門にあたる資格です。
介護関連の資格や研修には、以前はさまざまなものが存在していました。それを整理し、キャリアパスをわかりやすくすることを目的に、2013年度に介護関連の資格が見直された中で誕生したのが、「介護職員初任者研修」です。

1-1、介護職員初任者研修とキャリアパス

「介護職員初任者研修」は、以前の「訪問介護員養成研修」や「介護職員基礎研修」が一本化されたもので、訪問介護や施設介護の区別なく、介護職に就きたいすべての人向けの入門資格と言えます。

厚生労働省では、今後の介護職のキャリアパスを、「初任者研修終了者→実務者研修修了者→介護福祉士→認定介護福祉士」を基本とすると発表しています。
これに伴い、「訪問介護員養成研修(ホームヘルパー1~3級)」は2013年3月に廃止されました。

介護福祉士ピラミッド

また、2016年度国家試験(2017年1月予定)から、介護福祉士の受験資格として「実務者研修」の修了が必須になります。
「実務者研修」は「初任者研修」を修了していなくても受講することが可能ですが、初任者研修を修了していると研修内容が一部免除となります。このため、将来的に介護福祉士の資格

取得を目指している場合には、初任者研修の資格を取得しておくことをオススメします。

1-2、介護職員初任者研修を修了していないと働けないのか

介護職未経験でも就労できる介護施設もあるため、介護職員初任者研修の資格がなくても実務に就くことは可能です。ただし、資格がないと在宅介護の仕事ができないなどの制限もあるため、実質的には介護職として働く上で必須の資格であると言えます。

他業界からの転職者も多い介護業界ですから、未経験・無資格からでも、事業者側が研修の費用を支援してくれる場合もあります。
例えば、ベネッセスタイルケアでは初任者研修修了後に入社すると支払った受講料が全額支給されますし、在宅介護などを手がけるやさしい手では企業の研修終了後に直営店で就労することが決まると6,480円で初任者研修を受講することができます。
このように費用の支援を行っている事業者もあれば、求職者支援制度や教育訓練給付制度などを活用することで、無料で受講できる場合もあります。

特に、求職者支援制度は雇用保険に加入していない人でも活用できる制度ですので、経営者や主婦、学卒間もない方、フリーターなど、未経験・無資格から介護職の仕事を検討されてい

る方は、ぜひ、お住まいの地域のハローワークに問い合わせてみてください。

◇ハローワーク等所在地情報
https://www.hellowork.go.jp/info/location_list.html

また、全国の市区町村でも介護職員初任者研修の助成事業が実施されている場合があります。
条件を満たすことで受講料の一部や全額に相当する助成金が給付されることもありますので、お住まいの市区町村で助成事業を行っていないか、ぜひ、チェックしてみてください。

以下のサイトに、助成事業を行っている市区町村の一覧が記載されています。

◇シカク情報部
http://www.brush-up.jp/article/shikakuj/101/

2、訪問介護員養成研修(ホームヘルパー1~3級)との違い

訪問介護員養成研修(ホームヘルパー1~3級)は、訪問介護において身体介護・家事援助をするために必要な資格でした。
それに対して初任者研修は、在宅・施設を問わず、介護職として働く上で基本となる知識・技術を習得するための研修である点で大きく異なります。
介護職の基本的な知識・技術を習得するという意味において両者に違いはありませんが、初任者研修を修了することで、在宅介護と介護施設の両方に対応することが可能になります。
したがって、講義内容も、訪問介護員養成研修と比べて施設での勤務に役立つ内容が増えています。

なお、初任者研修は、ホームヘルパー2級に相当します。
研修課程全体の時間は130時間と変わりませんが、スクーリングの時間が大幅に増えるなどの点で研修内容には違いがあります。具体的には、下の表のとおりです。

ホームヘルパー2級と介護職員初任者研修の違い

出典:ウェルクス福祉カレッジ「【徹底解説】ホームヘルパー2級が廃止、資格は「介護職員初任者研修」へ移行」http://介護職員初任者研修.jp/chance/

ホームヘルパー2級は講座を受けることで誰でも取得できる資格でしたが、初任者研修では全課程修了後に筆記試験があるのも、大きな違いのひとつです。

3、介護職員初任者研修の内容

介護職員初任者研修では、講義と演習により介護職員に必要な知識や技術を勉強します。
講義では、介護業務に必要な基礎知識や、家事支援に関する知識、社会福祉制度などについて学びます。
演習では、ベッドや車いすを使った移動や移乗の技術、入浴や食事の介助方法などを実際に体を動かしながら学びます。

4、どこで受講できるのか

介護職員初任者研修は、各都道府県が指定した養成機関で実施されています。
日本ホームヘルパー協会のホームページに各都道府県の問い合わせ先が掲載されていますので、介護職員初任者研修についての不明点などは、こちらを参考にしてお住まいの都道府県へ

お問い合わせください。

◇介護職員初任者研修 各都道府県問い合わせ先一覧
http://nihonhelper.sharepoint.com/Pages/syoninnsya.aspx

4-1、スクールのご紹介

介護職員初任者研修を受講できるスクールを、4つほどご紹介します。
最短1カ月で資格取得を目指せるスクールなどもありますが、平均すると資格取得までには3~4カ月程度の時間がかかるようです。

◇ニチイ
http://www.e-nichii.net/lp/kaigo/shoninsha.html?cid=ls_ma_ggl_kw_081614082147_543

47都道府県のすべてに教室があるのが特徴です。
受講生も多く、初任者研修だけでなく各種資格の合格者を多く輩出している教室で、就業希望者を対象にした就業サポートも行われています。

◇三幸福祉カレッジ
http://www.sanko-fukushi.com/shoninsha06/

最短1カ月で修了できる短期集中コースが開設されています。
介護の現場で働いている講師が指導してくれたり、実際の介護現場で体験を積むことができるなど、介護職未経験の方でも介護現場のイメージを具体的に描くことができます。
また、無料での授業の振り替えや、修了後のキャリアサポートも行われています。

◇ベネッセスタイルケア
http://shikaku.benesse-style-care.co.jp/hh2guide/index.html?abtest=c&wapr=5607ae4f

首都圏を中心に、大阪にも受講会場が開設されています。
講義、実技共にグループ学習が多く取り入れられています。同じ目標を持った受講生たちと意見交換をすることで理解が深まります。
有料老人ホームなどの施設を運営しているベネッセスタイルケアの担当者により、修了後のキャリアサポートも行われています。

◇未来ケアカレッジ
http://www.miraicare.jp/

通信制で、自宅学習と15日間のスクーリングの組み合わせで仕事や学校との両立を図りながら修了を目指せます。少人数制による個別指導を行っているため、講師による手厚いサポートを受けられるのが特徴です。
修了後の就業サポートや、就業後のサポートも行われています。

4-2、費用の比較

スクールにより、かかる受講料にはバラつきがあります。
上でご紹介した各スクールの費用を一覧にしてみましたので、参考にしてください。
なお、いずれの講座も教育訓練給付制度の対象です。

スクール比較

最後に、さまざまなスクール宛てに一括で資料請求できるサイトもありますので、あわせてご紹介しておきます。
ここでご紹介した以外にも各地域で開講しているスクールがありますので、通いやすさや費用などを見比べて、ぜひ、ご希望に合ったスクールをお選びください。

◇ケア資格ナビ
http://www.careshikaku.com/act/step2/category72/area7.html

◇シカトル
https://www.sikatoru.com/

5、まとめ

初任者研修では、講義と演習によって介護の仕事をする上で必要になる知識や技術を基礎から学びます。
研修を実施しているスクールによって受講方式や費用も異なりますので、仕事や学校の都合を考えつつ、通いやすいスクールを見つけてください。
同時に、市区町村の助成や求職者支援制度などの活用も、あわせて検討してみましょう。

また、2016年度国家試験(2017年1月予定)からは国家資格である介護福祉士の受験資格として、実務経験に加えて、初任者研修の上位資格である実務者研修の修了が必須となります。将

来的に介護福祉士の資格取得を目指している人は、まずは初任者研修を修了しておくことをオススメします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

無料|次の介護福祉士国試対策に役立つ
過去問トレーニング

介護福祉士国家試験の対策といっても、何をすればいいのか不安ですよね。 テキストや問題集はたくさんあるけど、時間は無いし、結局どうすれば合格出来るのかわかりませんよね。

どうやら合否は、過去問題にどういう取り組み方をしたのかで分かれるようです。 “誰でも” “楽に” “簡単に”、スキマ時間で学習できる“無料サービス”で、効率よく一発で合格しましょう!

  • ● 実績のある講師陣の充実した解説で、誰でも理解がしやすい
  • ● 1日5分の試験対策!通勤や家事のスキマ時間で楽に学習ができる
  • ● 自分の苦手分野が簡単にわかり、効率的に学習できる
  • ● 3年分の過去問+解説付きで、今年の予想問題50問。直前対策もばっちり

ぜひ、次の第28回介護福祉士国家試験の合格を勝ち取ってください!

今すぐ無料で過去問を解いてみる