認知症ケア指導管理士になるために必要なことと、仕事上のメリットについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
認知症ケア指導管理士

「認知症ケア指導管理士」という資格をご存じですか? これは、医療・介護現場で働く方のスキルアップや、在宅介護を行う人の知識を深めることを目的とした認定資格です。認知症に関する認定資格の中では比較的新しく、これから普及されていくものといえます。ここでは認知症ケア指導管理士とはどのような資格なのか、社会ではどのように位置付けられ、活かされているのかについて詳しく説明していきます。

目次

1、認知症ケア指導管理士とは
1−1、認知症ケア指導管理士の概要
1−2、認知症ケア指導管理士になるためには
1−3、認知症ケア指導管理士取得のメリット
2、認知症ケア指導管理士の試験について
2−1、受験申し込みから合格発表までの流れ
2−2、認知症ケア指導管理士の公式テキスト
3、まとめ

1、認知症ケア指導管理士とは

1−1、 認知症ケア指導管理士の概要

「認知症ケア指導管理士」は、厚生労働省の認可団体である財団法人職業技能振興会によって認定される民間資格です。医療や介護の現場で働くスタッフの認知症に対する理解や専門性や質を向上させることを目的としています。

資格は2年ごとの更新制で、試験には初級と上級があります。上級は、初級取得後1年以上を経過した人が受験可能です。

認知症に関する資格については、こちらも参考にしてください。

認知症に関する資格一覧と資格取得メリットについて
https://careerlove.jp/dementia-qualification-585

1−2、 認知症ケア指導管理士になるためには

認知症ケア指導管理士の受験には、他の介護系資格の受験時に必要な「認知症介護の経験や施設の勤続年数」などの受験資格は問われません。介護従事者から、これから自宅で認知症高齢者を介護する一般の方まで、誰でも受験することができます。

1−3、認知症ケア指導管理士になって得られること

資格としての認知度は低く、履歴書に書いても評価されにくいのが現状です。しかし、これから認知症と診断されたご家族を在宅介護する方、より認知症に特化した介護を考えている介護職の方にとって、幅広く深い知識を身につけるのに役立つでしょう。

2、認知症ケア指導管理士の試験について

2−1、受験申込から合格発表までの流れ

【受験申込みから合格発表までの流れ】

① 案内書・願書の入手

ホームページ

http://www.fos-jpn.org/%E8%AA%8D%E5%AE%9A%E8%B3%87%E6%A0%BC%E8%A9%A6%E9%A8%93%E5%86%85%E5%AE%B9/%E5%81%A5%E5%BA%B7-%E7%A6%8F%E7%A5%89-%E4%BB%8B%E8%AD%B7-%E8%B3%87%E6%A0%BC/%E5%88%9D%E7%B4%9A%E8%AA%8D%E7%9F%A5%E7%97%87%E3%82%B1%E3%82%A2%E6%8C%87%E5%B0%8E%E7%AE%A1%E7%90%86%E5%A3%AB/)

下記のホームページより受験願書をダウンロードするか、財団法人職業技能振興会(TEL:03-3353-9181/平日10:00~18:00)へ願書送付を依頼してください。

② 受験申し込み

受験料 ・一般7,500円(税込)、学生4,000円(税込)を 下記振り込み先に振り込み、願書を提出します(上級は一次試験123,000円、二次試験6,000円)。願書には必ず証明写真を貼り、学生の方は学生証のコピーを同封してください。

【振込先】
三菱東京UFJ銀行 田町支店 普通預金
口座番号0029251
財団法人職業技能振興会

【願書提出先】
〒111-0053 東京都台東区浅草橋1—32—3—2階
財団法人職業技能振興会 資格取得キャリアカレッジ

③ 試験実施

願書提出後、受験票と試験会場の案内が送られてきます。受験票を持参し、指定の会場で試験を受けましょう。

④ 合格発表

試験実施後、約6週間を目安に合格・不合格の通知が送られてきます。

⑤ 認定証交付

合格通知を受け取った後、認定登録料を別途2,000円振り込むと、認定証が交付されます。

【試験科目(初級)】

1. 認知症高齢者の現状
2. 認知症の医学的理解
3. 認知症の心理的理解
4. 認知症ケアの理念と認知症ケア指導管理士の役割
5. 認知症ケアの実際
6. 日常生活支援
7. 認知症への薬物療法
8. 認知症への非薬物療法
9. 家族への支援
10. 認知症ケアにおける社会資源
11. 応用問題(時事問題など)

【合格基準】

問題の総得点の、7割が合格基準点。毎年、問題の難易度で合格点は補正され、試験の合格には、「その年の合格点以上の点数」が必要となります。

詳しくは、財団法人職業技能振興会(厚生労働省認可)公式WEBサイト
http://www.fos-jpn.org/%E8%AA%8D%E5%AE%9A%E8%B3%87%E6%A0%BC%E8%A9%A6%E9%A8%93%E5%86%85%E5%AE%B9/%E5%81%A5%E5%BA%B7-%E7%A6%8F%E7%A5%89-%E4%BB%8B%E8%AD%B7-%E8%B3%87%E6%A0%BC/%E5%88%9D%E7%B4%9A%E8%AA%8D%E7%9F%A5%E7%97%87%E3%82%B1%E3%82%A2%E6%8C%87%E5%B0%8E%E7%AE%A1%E7%90%86%E5%A3%AB/)をご覧ください。

2−2、認知症ケア指導管理士の公式テキスト

財団法人職業技能振興会の出版する、認知症ケア指導管理士の公式テキストが紀伊國屋書店から販売されています。「資格取得キャリアカレッジ(※ハイパーリンクhttp://www.ss-cc.jp/book/)」のホームページからも注文可能ですので、チェックしてみてください。

【初級試験】 「認知症ケア指導管理士試験初級公式テキスト」(2,000円+税)

【上級試験】 「総合ケアシリーズ シリーズⅠ 認知症ケア論」(2,800円+税)
「総合ケアシリーズ シリーズⅡ 多角的ケア論」(3,600円+税)

受験勉強には、上記のテキストがあれば十分です。テキストとしての分量は少ないので、何度も繰り返し読み、認知症介護への理解を深めていきましょう。

3、まとめ

認知症の介護には、正しい知識が必要です。認知症への間違った理解に基づいて介護を続けていれば、症状をどんどん進行させてしまう可能性もあります。要介護者の健康な生活を守りたいという思いから、認知症ケア指導管理士の資格は生まれました。

これからご家族の介護が始まる一般の方は正しい介護の知識として、すでに介護職に就いている方はいまある知識の確認と新たな発見のため、認知症ケア指導管理士の受験に臨んでみませんか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket