介護職の夜勤はキツイ? 夜勤の実態とメリット、デメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
介護_夜勤

介護の仕事に就きたいのだけれど、夜勤が不安だなと思っている人もいるかもしれません。あるいは、介護施設に入社して、これから夜勤が始まるのだけれど大丈夫かなと思っている人、夜勤だけで働きたいと希望している人もいるかもしれませんね。
ここでは、介護職の夜勤について、回数や時間、仕事内容、給料などについて、その実態をご紹介します。
介護職の夜勤がどのようなものなのかを知り、ぜひ、夜勤に対する不安解消に役立ててください。

目次

1、介護職の夜勤の実態について
1-1、夜勤の回数
1-2、夜勤の勤務時間
1-3、夜勤の際の仕事内容
1-4、夜勤のメリット、デメリット
2、夜勤専従という働き方
3、まとめ

1、介護職の夜勤の実態について

介護施設の多くは基本的に夜勤がありますが、では、夜勤とは実際にはどのようなものなのでしょうか。詳しく、ご紹介していきます。

1-1、夜勤の回数

夜勤の回数は、就業する施設によって異なります。
特別養護老人ホームや介護老人施設では月間4~5回程度、グループホームや有料老人ホームでは月間7~8回程度の夜勤が求められるところが多いようです。
職員の人数やシフトの組み方でも夜勤の回数は変わってきますので、夜勤専従の雇用契約ではないのに夜勤回数が多すぎるなどの場合には、注意が必要です。

1-2、夜勤の勤務時間

夜勤の勤務時間も施設によって異なりますが、多くの場合、8~16時間勤務となります。

設定される勤務時間の例
①17時~翌10時(内、休憩時間1時間)
②22時~翌7時(内、休憩時間1時間)

①の場合は16時間勤務となり、②の場合は8時間勤務となります。
16時間勤務と聞くと、あまりに長時間労働すぎると不安に思われるかもしれませんが、こうした夜勤の場合、大抵の施設では公休日とあわせてシフトを組むことが多く、夜勤明けの翌日は休みになります。
つまり、「1日目:17時出社、2日目:10時退社、3日目:休み」といった具合になります。

最近では8時間勤務を取り入れている施設も増えてきているようですが、労働時間が短くなる分、夜勤の辛さは軽減されるといえます。通常、交通機関を利用できる22~23時から勤務開始となり、翌朝の日勤で出勤してきた職員と交代して退社します。
この場合、夜勤明け日の翌日が休みになりませんので、帰ってから睡眠を取ろうと思うと、丸一日潰れてしまうことになります。8時間勤務の場合には、夜勤に入る前に、しっかりと睡眠を取っておくと、夜勤明け日の日中も活動的に過ごせるかもしれません。

参考)生活バランスを崩さないための睡眠の取り方
①朝はいつもと同じくらいの時間に起きる。遅出のときも同じく。
②昼寝はしない。
③出勤の3時間ほど前に寝る。例えば20時出勤なら夕方17時から寝る。
④夜勤明けは3時間だけ寝てあとの日中は起きておく。
⑤夜は普段と同じ時間に寝る。
※出典:ヤフー知恵袋http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1364220793

1-3、夜勤の際の仕事内容

施設によっても異なりますが、仕事の内容は、基本的には日勤の場合と大きな違いはありません。
具体的には、

  • 食事(夕食、朝食)の介助
  • 就寝前、起床時の着替えなどの介助
  • 排泄の介助
  • おむつ交換
  • 巡回、見回り
  • ナースコールの対応

などがあります。

巡回や見回りの合間に、翌日に使用するものの準備を行ったり、記録をつけたりなどの事務仕事を行い、夜勤明けは、日勤の職員との引き継ぎを行います。

簡単に、タイムテーブルの例を挙げてみましょう。
<17時~翌10時(内、休憩時間1時間)の場合>
・17:00 日勤のスタッフからの引き継ぎ

・18:00 夕食介助、服薬介助

・21:00 就寝前介助

・22:00 巡回

・24:00 記録作成、排泄介助やおむつ交換など

・1:00 巡回

・2:00 休憩

・3:00 巡回、翌日の朝食の準備など

・5:00 起床の介助

・7:00 朝食介助

・9:00 日勤スタッフへの引き継ぎ

・10:00 退勤

1-4、夜勤のメリット、デメリット

「夜勤は大変だ」という意見を多く聞くかもしれませんが、夜勤最大のデメリットはまさにその点で、勤務時間が長かったり生活のリズムが崩れたりするために、体力面でキツイ思いをしている人も多いようです。

また、施設によって異なるものの、夜勤の場合は通常フロアあたり1名で担当することが多いため、絶えず動きのある入所者に目を配らなくてはならないのも大変な点です。
特に、夜間に看護師の配置が義務づけられていない施設の場合には、容態が急変した入所者への対応を介護職員が行わなければなりません。何事も起こらなければよいのですが、もしも入所者の容態が急変した場合には、限られた人数での対応が求められます。そのため、人の命を預かっているのだという責任の重さを実感するような場面に直面する可能性もあります。

では、夜勤にはメリットはないのかといえば、そうでもありません。
まず、夜勤の際には手当がつきます。施設によって異なりますが、通常3,000~10,000円程度の夜勤手当がつきます。
最近では夜勤手当を高めに設定している施設などもあり、手当は基本給とは別途加算されますので、希望している施設が希望の給与額に届かない場合でも、こうした手当を加算すれば月の給与額が大きく上昇するということも考えられます。

また、勤務時間の項目でもお伝えしたとおり、16時間勤務の夜勤の場合は公休日とセットでシフトが組まれることが多いため、連休を取りやすくなるという点も、夜勤のメリットといえます。
夜勤の際には少ない人数での業務になりますから、仕事中でありながらも非日常な雰囲気を感じられるそうで、「休み気分を楽しめる」という意見もあります。

2、夜勤専従という働き方

老人ホームなどの施設では、夜勤専従の募集を行っているところも多くあります。
夜勤専従とは、言葉通りに夜勤だけを行う働き方で、他の仕事や学業などとの両立を図りたい場合には、最適な働き方でもあります。

各事業所によって賃金に違いはありますが、東京都の求人では、1勤務あたり初任者研修(ホームヘルパー2級)の有資格者だと約21,000円~、介護福祉士の有資格者だと約23,000円~程度で募集されているところが見られます。
月に10回の夜勤専従勤務を行えば、20万~23万円程度の収入を得られます。
現職で働く介護職員の中には、夜勤の連続勤務で40万~50万円程度の給料を得ている人などもいるようです。

施設によって違いはありますが、パート(非常勤)としての雇用が多いため、正社員のように異動もなく、気に入った施設で長く働き続けることもできます。
また、例えばベネッセスタイルケアなど、施設によってはパートから正社員への登用制度を敷いている場合もありますので、昼間は資格取得のための勉強をしながら夜勤専従として働き、資格を取得できたら正社員になる、という働き方もできます。

3、まとめ

夜勤はキツイ、ツライという意見が多く聞かれますが、夜勤にはメリットもあります。
中でも金銭的なメリットは大きいですし、休みの予定を楽しみにしながら乗り切るなど、夜勤を前向きにとらえることもできます。
救急時の対応さえ問題なければ、夜勤は案外と楽しいものだという意見も少なくはないようです。
睡眠の取り方を考えることで体力的な負担を減らして、長く夜勤を続けている人などもいますので、夜勤を始めた際には、ご自身なりのリズムを考えてみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

無料|次の介護福祉士国試対策に役立つ
過去問トレーニング

介護福祉士国家試験の対策といっても、何をすればいいのか不安ですよね。 テキストや問題集はたくさんあるけど、時間は無いし、結局どうすれば合格出来るのかわかりませんよね。

どうやら合否は、過去問題にどういう取り組み方をしたのかで分かれるようです。 “誰でも” “楽に” “簡単に”、スキマ時間で学習できる“無料サービス”で、効率よく一発で合格しましょう!

  • ● 実績のある講師陣の充実した解説で、誰でも理解がしやすい
  • ● 1日5分の試験対策!通勤や家事のスキマ時間で楽に学習ができる
  • ● 自分の苦手分野が簡単にわかり、効率的に学習できる
  • ● 3年分の過去問+解説付きで、今年の予想問題50問。直前対策もばっちり

ぜひ、次の第28回介護福祉士国家試験の合格を勝ち取ってください!

今すぐ無料で過去問を解いてみる