介護福祉士の試験対策で知っておきたいこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
介護福祉士 試験

介護福祉士になりたいけど、「国家資格だから難しそう」と足踏みしてしまう人が多いかもしれません。今回は勉強のコツや対策に役立つコンテンツを集めました。これを見ると介護福祉士試験が初めての方でも、次の試験での合格に向けて準備ができます!

 

目次

1、介護福祉士試験の概要
1-1、申し込み方法、試験日や会場、時間割などの詳細について
1-2、試験範囲
1-3、合格基準
2、介護福祉士試験の勉強のポイント
2-1、筆記試験で合格するためにやっておくこと
2-2、実技試験で合格するために理解しておくこと
3、介護福祉士試験の対策に役立つコンテンツ

 

1、介護福祉士試験の概要

1-1、申し込み方法、試験日や会場、時間割などの詳細について

申込みに必要な「受験の手引き」(申し込み書類他、受験に必要な情報がある冊子)を公益財団法人 社会福祉振興・試験センターから取り寄せることができます。例年6月下旬から7月上旬に、ホームページで告知されるものですので、この時期になったらすぐに申し込みをしておきましょう。

申し込みはインターネット上でおこなうか、郵便はがきによる請求となります。

■公益財団法人 社会福祉振興・試験センター
http://www.sssc.or.jp/kaigo/gaiyou.html

1-2、試験範囲

筆記試験

介護福祉士試験は、筆記試験と実技試験の2つがあります。まず筆記試験ですが、

1)人間の尊厳と自立、介護の基本
2)人間関係とコミュニケーション、コミュニケーションの技術
3)社会の理解
4)生活支援技術
5)介護過程
6)発達と老化の理解
7)認知症の理解
8)障害の理解
9)こころとからだのしくみ
10)総合問題など

どの科目でも得点がなければ、合格できません。

例えば、「1)人間の尊厳と自立、介護の基本」、というテーマの過去問は、下記のようになっています。

 

以下の法律の自立に関する記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。

1、児童福祉法では、児童養護施設における自立支援の対象を、現に入所している児童に限定している。

2、社会福祉法第3条では、福祉サービスについて、身体機能の低下に応じ自立した日常生活を営むことができるように支援するものとしている。

3、老人福祉法では、その目的は、すべての高齢者が、尊厳を保持し、その有する能力に応じて自立した日常生活を営むことができるようにすることであると、明記している。

4、「障害者総合支援法」では、すべての国民は、障害者等が自立した生活が営めるような地域社会の実現に協力するよう努めなければならないと、規定している。

5、「ホームレス自立支援法」では、ホームレスの自立のために、就業の機会の確保よりも生活保護法の適用が重要であると、規定している。

正解は4です。介護の基本知識の中でも、さらに「人間の尊厳と自立」というテーマにスポットを当てた問題です。教科書を読み、「人間の尊厳と自立とはどういう意味なのか、これらを明示した法律はどんなものがあるのか?」ということを理解できてれば、解ける問題といえます。

また、「10)総合問題など」では、

 

次の事例を読んで答えなさい。

〔事例〕
Jさん(36歳、男性)は、6歳の時、大学病院で精神(発達)遅滞の判定を受け、療育手帳(重度)が交付された。
両親はJさんに必要以上の世話をし、衣服の着脱も介助していた。しかし、両親が高齢になり家庭でJさんの介護が困難になったため、一週間前にJさんは障害者支援施設に入所した。

言葉によるコミュニケーションは簡単な単語の理解ができる程度であり、生活全般に指示や見守りが必要である。たばこの吸殻を食べてしまう行為がみられ、吸殻を探して施設の近所まで出歩くなどの行動もみられた。対人関係をうまく築けないようで、なれない人たちの中に入ると、上肢を噛むなどの自傷行為が現れることも分かってきた。

入所当日、Jさんが初めて衣服を着替える時に、介護職が行う支援として、最も適切なものを1つ選びなさい。

1、Jさんが自分でできるまで待つ。
2、衣服の前後・表裏に印をつける。
3、Jさんの着る順番に衣服を並べておく。
4、Jさんが着てから、間違いを訂正する。
5、Jさんが着られなくなると、そのたびに支援をする。

正解は5です。このように、「実際の介護の現場で求められる判断や知識を、総合的に問われる問題」となっています。総合問題と銘打っているとおり、1~9までのテーマをまんべんなく理解しておくことが、この総合問題の攻略のカギとなります。

また、すべての科目は「5つの選択から選ぶ」というマークシート方式になっていますので、文章を書くことはありません。

実技試験

実技試験で問われるのは、介護の知識に加え、「現場で必要な動きができているか」ということです。「他人にじっくり見られる前提で介護の動きをしたことがない」、という人が大半かもしれませんね。しかし、「実際に介護ができているか、現場で正しい動きができているか」というのは、実技で表現してみないと伝えることはできません。

さて、どのように「実技」をするのかというと、試験会場内で、受験者、モデル(介護者)、審査官2名、の計4名がいる状況で、介護の場面を実践する形で行われます。制限時間は5分です。

実技を見せるということは、モデル相手とはいえ実際に介護をします。介護の内容が正しく理解できていること、患者にかける言葉遣い、振る舞いなど、総合的に判断される試験です。

1-3、合格基準

筆記試験の合格基準

大きく分けて2つあります。ここでは簡潔に基準を説明しましょう。

・問題の総得点の60%程度を基準として、問題の難易度で補正した点数以上の得点の者。
・試験科目の「10科目群」すべてに得点があった者(1群でも「0点」があったら不合格)。

実技試験の合格基準

筆記試験の合格者のうち、実技試験の総得点100点の60%程度を基準とし、課題の難易度で補正した点数以上の得点の者を合格としています。

2、介護福祉士試験の勉強のポイント

2-1、筆記試験で合格するためにやっておくこと

ただ参考書を読むだけではなく、実際に問題(練習問題・過去問など)を横に置きながら、練習問題を解くのが合格の近道でしょう。

「この分野は自信がない……」というものがあれば、まずそこから手を付けてみましょう。また、逆に「このあたりはよく勉強したテーマかも」と思うようなものがあれば、その理解度を試す意味でも、過去問を解いてみてください。

実際に問題を解きながら、自分がどれくらいの正答率を持っているのか確認しながら進めてみると、合格までの道筋が見えて、モチベーションにもつながります。

2-2、実技試験で合格するために理解しておくこと

家族や同僚に手伝ってもらい、スムーズにできるまで練習するというのが、実技試験合格への近道です。

実際に自分が実技試験を受けている様子を、イメージしてみてください。うまく実演できるでしょうか? いつもの仕事ぶり、患者とのコミュニケーションの取り方を、そのまま演技で表現できるように、練習してみてください。

自宅や職場での練習の際に、あなたに意識してもらいたいのが、「危険行為をしないこと」です。

  • 患側の腕や足を乱暴に扱わない
  • 常に患側(マヒ側)の保護を心がける
  • ベッドの頭側を通らないようにする
  • 簡易トイレは足元に置く

危険行為はそれだけで不合格につながる可能性があります。最初はこれらのことをしないというテーマで、練習してみるといいでしょう。

また、要介護者とのコミュニケーションのポイントは、大きな声で「声かけ」をすることです。行動をするたびに確認を行い、同意を得ながら介助をします。また、会話は相手の目を見て行います。

  • 1、介護内容の具体的な説明をする
  • 2、患者の同意を得る

この流れを常に意識しながら、スムーズにできるまで練習をしましょう。

3、介護福祉士試験の対策に役立つコンテンツ

webサービス 問題数 掲載年次 解説の有無 提供者・会社 有料/無料
ケアトレ 360問 24~26年度 有り リクルートキャリア 無料
介護福祉士国家試験過去問題集 600問 22~25年度 有り 過去問.com 無料
web介護福祉士会 1,680問 13~26年度 有り web介護福祉士会 無料
過去問クイズ 1,080問 18~26年度 無し 過去問クイズ 無料
アプリ 問題数 掲載年次 解説の有無 提供会社 有料/無料
介護福祉士国試800問 800問 19~26年度 有り Sayoko Fukuura 無料
介護福祉士国家試験 free medixtouch 18~26年度 Junya Katahara 無料
介護福祉士過去問徹底対策 23~25年度 有り Toshichika Yamashita 無料
一問一答 『介護福祉士 2016年版』問題集 1000問 有り U-CAN 1,080円
書籍 問題数 掲載年次 解説の有無 提供者・会社 有料/無料
2016介護福祉士国家試験過去問解説集 360問 24~26年度 有り 中央法規 3,240円
詳解 介護福祉士過去5年問題集 ’16年版 600問 22~26年度 有り 成美堂 1,728円

介護福祉士の過去問題は制度の改定で、以前正答だったものが誤答になってしまうことがよくあります。ずっと前の過去問題を解くと、かえって合格から遠ざかる危険があります。

  • 最新3年分が載っている
  • 解説が充実していてわかりやすい

などのポイントを押さえて、自分に合ったものを選びましょう。最近は、スキマ時間で学習ができて間違えた問題をピックアップして解けるwebサービスが人気を集めているようです。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

無料|次の介護福祉士国試対策に役立つ
過去問トレーニング

介護福祉士国家試験の対策といっても、何をすればいいのか不安ですよね。 テキストや問題集はたくさんあるけど、時間は無いし、結局どうすれば合格出来るのかわかりませんよね。

どうやら合否は、過去問題にどういう取り組み方をしたのかで分かれるようです。 “誰でも” “楽に” “簡単に”、スキマ時間で学習できる“無料サービス”で、効率よく一発で合格しましょう!

  • ● 実績のある講師陣の充実した解説で、誰でも理解がしやすい
  • ● 1日5分の試験対策!通勤や家事のスキマ時間で楽に学習ができる
  • ● 自分の苦手分野が簡単にわかり、効率的に学習できる
  • ● 3年分の過去問+解説付きで、今年の予想問題50問。直前対策もばっちり

ぜひ、次の第28回介護福祉士国家試験の合格を勝ち取ってください!

今すぐ無料で過去問を解いてみる